バスや列車、飛行機の便所

飛行機のトイレ ボーイング747のトイレは、昔は汚物を空中噴霧して、現代の簡易トイレなどの汚物貯蔵タンクを備え、(YS - 11など)をしていた。現代は、水洗トイレのと同じようなシステムを利用した水の再循環使用するタイプが使用されていたが、水を節約するために、飛行機の与圧と外部の気圧差を利用して汚物を吸引するタイプに置き換えられている。また、このような形のトイレを真空吸引式トイレとする。 列車のトイレは、新幹線や一部路線を除いては、長く汚物を線路に落ちている"垂れ流し式"(便器の穴から線路が見える)だったが、沿線への飛散問題から1990年ごろからの貯留式(循環式・真空吸引式等)の改造や古い車両の廃止、新車への代替が進んで、2000年以降の垂れ流しのほとんど姿を消した。しかし、これと引き換えに、一部の地域(特にJR東海、JR西日本、JR四国地方)は、車両基地からの汚水処理システムの問題では、車内のトイレ設置自体がなくなってしまう路線が発生し、大きな問題になっている。 バストイレ 夜間高速バス車内の便所を見るバス車内のトイレは、導入時期が遅いから、当初よりも貯留式が採用されている。 日本では1964年に名神ハイウェイバスで使用される国鉄バス車両のうち1台に設置されたのが始まりである。その翌年に増備された車でも使用されており、1969年に東名高速バスを運行する国鉄バス車両(国鉄専用型式)で、全面的に採用された。これにより、長い間、国鉄バスの東名名神高速道路バス"ドリーム号"の車両のみに設置したが、1978年に琉球バスが長距離路線車の車内に設置された(後に撤去)、1983年の夜間高速バス"ムーンライト号"車内に設置されて以来、夜間高速バスで、標準設置されていた。また、昼行高速バスでも、中長距離路線に導入されるケースが増えている。
[PR]

# by kazu06kazu06kazu0 | 2010-07-07 18:12